「国際家族デー2015」エピソード - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2015年05月29日    ※イラストはイメージです

頑張れ、地域の味

family_D_2014.jpg 還暦女子会メンバーに入りたいと言っていた女性が入院した。相当悪いと聞いたので見舞った。医師から「店のあとのことを大変気にしていた」と言われた。その女性は女子会がたまに利用していたお好み焼き屋の店主だったこともあり娘さんにそれを伝えた。

 彼女が亡くなって三ヶ月後、夜だけ娘が店が開くようになった。キャベツにも麺にも食器にも母のこだわりがあって、みんな商店街の人に支えられていたのをその娘が知ったことが背景にあった。供養になるからとも言っていた。

047051.jpg 十人も入ると一杯になる小さな店だった。それにしても働きながら夜だけ店を開けるのは大変だろうなと思っていたら、何と!週末は兄弟が手伝いだした。この家族を応援しなければ、と思った。チラシを作り店の再開の知らせを商店街で配った。

 そのうち味が戻りメニューも増えだした。母の物を片付けていたら、レシピが細かく書かれた母のノートが見つかったからだと言う。「ありがとう、ごひいきに」の言葉が様になってきた。あの親にしてこの子たちありだ。うまくゆくようなら専業になっても良いと言っている。こちらの心意気にもささやかな火がともる。

 女子会の回数を増やして、場所をここ一筋にしよう、メンバーも増やさなくちゃ、と思った。

(60代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 17:34 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日    ※イラストはイメージです

不思議な縁

family_D_2014.jpg 両親が家の建て替えを決めたのは私が39歳の時。私の結婚について両親がうるさく言った時期もあったが、もはや誰の頭にもなくて、今までどおり3人住まいでの間取り、デザインを考えた。現場監督との打ち合わせはもっぱら父。

 そんな折、父が体調を崩し、入院手術という出来事に見舞われた。家はかなり出来上がり、内装にとりかかる頃だった。父の退院はまだまだ先で、仕方なく私が現場監督と打ち合わせすることになった。照明、襖の模様、コンセントの位置等々、仔細な打ち合わせはたくさんあった。時間もかかる。打ち合わせの数は回を重ねた。

096346.jpg そして…父が退院し、家が完成した時、私はこの現場監督と婚約していたのだった。初めての打ち合わせから4ヶ月後、私達は結婚。そしてこの家に彼が同居。こんなことなら2世帯住宅にしておくのだったね、と皆で苦笑。まさかこんなことが我が身に起こるなんて夢想だにしなかった。

 あっという間に縁が運命になる。長々付き合っても縁薄いこともあるのに。私は今もこの結婚が摩訶不思議である。
(60代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 18:23 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しかった家族旅行

family_D_2014.jpg 子供の妊娠中には運がよくなると言いますが、本当のようです。

 私も、子供を妊娠しているときに書いた作文で大賞を取り、高価な旅行券をいただきました。実家の父、母も誘って、義母、夫、子供3人と私の8人で、車にギュウギュウ詰めで行ってきました。松山旅行です。

056285.jpg 新しく開通した高速道路に乗ったのでドライブは快適。私の乳飲み子も、幸いほとんどぐずること無く目的の道後温泉に到着しました。

 旅館の設えや料理、サービスも素晴らしく、心に残る旅行となりました。何よりも、家族がとても喜んでくれたこと、旅行から帰ってからも度々旅行の話で盛り上がれることが本当に良かったと思います。

 これからは、育児休暇が明け、ゆっくり作文を書いたり旅行に行ける時間も取れそうにないのですが、家族の喜ぶ時間をもっと増やせるよう、創意工夫で頑張っていこうと思います。
(30代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 18:07 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おばあちゃんはすごい

family_D_2014.jpg 昨日、5月14日はおばあちゃんの68歳の誕生日でした。

 私は、大学生になって、おばあちゃんを喜ばせたくて、毎年花束を届けに行きます。おばあちゃんはいつも喜んでくれます。おばあちゃんは、お母さんがお父さんと結婚して家を出てから1人です。おじいちゃんはいません。おばあちゃんはすごいです。一人で暮らしています。

141591.jpg 自分を見つめて、自分らしく生きています。たくさんの本を読み、新聞を読み、世の中にとても関心を持っています。私の知らないことをたくさん知っています。私は、おばあちゃんのようになりたいです。1人でも、凛として、毎日の目の前の幸せを大切に過ごすおばあちゃん。

 普段会えなくて、久しぶりに会った時には満面の笑みをせてくれます。それを見て私はいつもほっ!とします。そんな存在にわたしもなりたいです。いつもありがとうおばあちゃん。これからも楽しく生きようね。
(20代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 17:34 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日    ※イラストはイメージです

野の花首飾り

family_D_2014.jpg 「折りたたみ傘を持って行ってね」天気を娘に聞かれ、そう答えて朝送り出した。ところが次第に雲が切れ昼過ぎには晴れ間が見え出した。そこでお天気に誘われての散歩を開始した。

47423668.jpg 八重椿の花がぼとりとほぼ原型のまま道に落ちている。綺麗なものを拾い上げ、手の平で弄んでいると「それ、なあに」と学校帰りの子供たちが尋ねてくる。花びらよ、と言って手の平に乗せてやると「わあー、重たい」と言って回し乗せしてはしゃいでいる。

 すると後ろから声がかかり「これ」と言ってタンポポの花を渡される。早速子供たちからのお返しだ。それでは、と道端のシロツメクサを摘み、しゃがんで輪の作り方を教えてやる。「難しいけど、出来そう」「出来るわよ、子供のころみんなよくやっていた遊びよ」。

 そうなんだ、と言いながら次第に長くしはじめる。ちょっときつめにしないとすぐに崩れるから、と指導する。すぐに「はあい」と返ってくる。素直だ、きっと上手くいく。輪になると首や手首にかけ「ありがとう」と盛んに礼を言ってくる。嬉しそうだ。「どういたしまして」と返す。

 ひょんなことからお役に立った自分が誇らしく思え、すっかり心晴れていた。
(60代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 18:18 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お・も・て・な・し

family_D_2014.jpg GWは山形に帰省しました。長男家族5人、次男家族4人、三男の私の家族6人が集まり大賑わいです。上は父の79歳から、下はわが子の1才まで世代を超えて一つになれる環境は、有りがたいことです。

bd.jpg 3つのテーブルをくっ付けて、ぐるりと囲んで晩御飯を頂くのが、いつもの様子です。今回は例年より、御馳走が並んでいました・・・。

 みんながテーブルに座ると兄嫁が、
「今日はお父さんの誕生日も兼ねての食事会です。誰かに乾杯の音頭をお願いしま〜す」。
 そうすると兄が、わが子長女を指名しました!

 長女は小2、7歳・・・、恥ずかしがり屋さんです。ドキッとしたのでしょう!お〜きく深呼吸・・・、見ているこっちは息を呑みます・・・。何度か深呼吸しています・・・。でも、断ることはしませんでした・・・。

 そして、「じぃちゃん、お誕生日おめでとう!」とても元気なご発声でした!

 拍手と大歓声が沸き起こり、私達夫婦は見つめ合い、「ふ〜〜〜」と安堵しました。

 豪華な御馳走よりも、家族一人一人の笑顔が最高のおもてなしだと、父も心から喜んでくれました!
(30代・男性)
posted by ファミリー・プロミス at 17:58 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せの黄色いオムライス

family_D_2014.jpg 昭和30年代始め、日本の家庭にスプーンやフォークが登場してきた時代。フォークやナイフが卓袱台に出ているとウキウキした。

124826.jpg 今日は洋食だ!カレーと並んで母が好んで作ってくれたのがズングリムックリの大きなオムライス。卵の上にトッピングされた多くはないケチャップを、スプーンの背中でまんべんなく黄色い背中に塗り付けていく時は、落書きするみたいで楽しかった。

 卵は御飯を贅沢に覆っていたし、卵の厚さも均一でやぶれることはなく、赤い御飯から顔を出すグリンピースも満遍なく混ざっていて、母のオムライスは味も形も絶品だった。

 卓袱台を囲んだ遠い幼い日。頭上からラジオが響いていた。父は起業を計画しており、毎晩帰宅が遅く、夕飯はいつも母と二人だった。日本はまだ発展途上。家では手作りの食が当たり前で、手間と心がこもった料理があった。母は共働きだったが、手を抜くことなく三食欠かさなかった。そして卓袱台では心通う会話があった。

 母は今86歳。今も料理はたまにするが、オムライスが母のレシピから消えて久しい。母が作った幸せの黄色いオムライスは、私の記憶の中でおいしい味と鮮烈な黄色を放って脳裏に焼きついている。
(60代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 17:45 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臨時野外特設ライブ開催!!

family_D_2014.jpg 先日、家族でファミリーフィッシングに出かけました。色んな魚が釣れているという情報だったので子供達も楽しみに竿を出していましたが、その日に限ってさっぱり。どうやら魚が回遊していないようです。

044844.jpg 釣れている時は子供達も夢中になって釣りをするのですが、釣れない時に辛抱強く待つことはまだできないようで長男に引き連れられ団子4人兄弟姉妹は違う遊びをし始めました。

 周囲の探検、鬼ごっこなど一通り遊んだ後、何やら歌声が聞こえてきたので振り返って見てみると、なんと妖◯ウォッチ体操をしているではありませんか。いつの間に覚えたのでしょうか、なかなか上手なものです。

 周りの家族連れからは、
  「かわいい〜」
  「上手やな〜」

 という賞賛の声が聞こえてきましたが、子供達の代わりに隣で竿の見張り役をしていた妻と顔を見合わせ、思わず照れ笑い。

 「大きな声を出したら魚が逃げるし、周りの人に迷惑かけるよ」

 という我々の忠告にはお構いなしです。

 このように海釣り公園での臨時野外特設ライブは大盛況に終わりました。お陰様で子供達の釣りのアシスタントをする必要がなくなった私は釣りに集中でき、お土産も釣って帰ることができました。
(40代男性)
posted by ファミリー・プロミス at 17:17 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート