「ほっ!と一息家族」エピソード - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

2021年04月04日    ※イラストはイメージです

ありがとうございました

872121.png ほっと一息家族エピソードに5年間毎月投稿出来て良かったです。今も読み返すとあの時、家族であんな事があった。私の転職、両親の他界、家族の出来事、子供の成長、子供達の結婚とエピソードを読み返すと、当時の私の心境が読み取れます。休止は残念ですが…今で掲載していただき本当にありがとうございました。

(60代・男性)
posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日    ※イラストはイメージです

彼からの挨拶

 3月21日、娘の彼が正式に挨拶に来た。4月1日に家を借り、娘と共同生活をする事の許可だ。彼のお父さんが現在病気静養中…しかもこのコロナ禍…正式に結婚式が挙げられる状況ではないが…結婚に向っての前進。彼の人柄…将来性何を取っても、私が反対する理由はない。

 私の唯一の懸念は彼のお父さんの容体…病状は安定してお父さんも娘との結婚を祝福してくれていると報告があり安堵した。27日には娘が彼の家に行き彼の御両親…妹さんにも挨拶して…祝福されたと喜んでいだ。

1036907.png 昨年5月…緊急事態宣言が解除された時に息子は入籍したが…このご時世…結婚式は挙げられなかった。娘も第4波襲来と連日コロナ関連のニュースが賑わうこのご時世…結婚式は挙げられないかも知れないが…結婚では先輩の息子夫婦の様に幸せな家庭を作って欲しい。

 2人の子供が良き伴侶を得られた事に…私も肩の荷が降りた様な幸せな出来事だった。

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 17:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日    ※イラストはイメージです

紙風船

 昔むかしの思い出です。

 富山から定期的にやって来る売薬のおじさんは愛想が良く、子どもの私にも同じ目線で物を言ってくれ、友達みたいですきだった。

 おじさんは大きな風呂敷包みを担いでやってきて、我が家の赤い薬箱を点検補充する。母とちょっと雑談して、私の相手もしてくれて、薬の臭いを残して帰っていく。おじさんが帰るとまた母と二人きり。急に家の中が静まり返って寂しくなる。

341851.png おじさんがいつもくれる紙風船。パ〜ンパ〜ンと乾いた音が響く。紙風船は数日間、破けるまで飽きることなく遊びました。母も時々一緒に紙風船で遊んでくれたものです。いえ、母が独占することもありました。母も紙風船がすきだったのです。

 懐かしい古き良き時代の一こま。薬屋おじさんの来訪が待ち遠しかった。遠い日のおじさん、心に強く残っている記憶の贈り物をありがとう。同時に白いエプロン姿で紙風船に興じていた母も思い出させてくれます。

(70代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月01日    ※イラストはイメージです

記念樹が紡ぐ家族の絆

 結婚してしばらくすると義父の求めに応じ、二世帯同居の暮らしに入った。勤めていた私は生け花を習い家に持ち帰っては花瓶に飾って楽しんでいた。

 数年すると、義父がこれを見てくれと庭の隅を指差すので、見ると松の木が胸のあたりまで育っていた。そして捨ててあった生け花に混ざっていたのを挿し木したものと言う。まあ、と思うと同時に優しい心遣いが伝わってきた。

 その後子が生まれると役所から記念の苗木をもらい、山茶花、椿と順に松の隣に植えていった。すると義母も負けずに私の木もと言い、ミカンの苗木をさらに隣に植え、いざというときに腹の足しになるからと自慢げだった。

1562933.jpg 子が小さいときは誕生日になると木の傍に行って願いごとをするようになり、叶うとお礼に行くというようなことが続いた。学校へ行くようになると花咲きを楽しむだけになったが、記念樹への思いは変わらなかった。

 やがて背が大きくなると剪定が必要になったが、その役の夫は背丈を必ず歳の順にするのが楽しそうだった。ミカンは義母に断って収穫する習わしだった。

 それぞれの記念樹のおかげで三世代の会話は絶えなかった。思わぬものが絆を紡ぐきっかけになるものと思った。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日    ※イラストはイメージです

料理

昨今の子供は幼い子でも親と一緒にキッチンに立ち、早い内から料理ができる子もいる。しかし私は遅かった。

母は私がキッチンに入って包丁でも触ろうものなら危ないと一喝して、キッチンから追い出した。そんな私だったから、家庭科はきらい。特に調理実習は大嫌いだった。

専ら洗い役に徹したが、ある時やむなくネギを切らされる羽目になった。見ていた教師は、私のネギを高々と掲げ悪い見本にした。根をたくさん切り落としていたのだ。生卵の殻を割れるようになったのはいつだろうか。小学高学年か中学生だったかもしれないのだが、嬉しかったものだ。

510598.jpg両親は料理が上手だが、私は今も二人の足元に及ばないだろう。でもいつの頃からか、人並みに徐々に料理を作れるようになり、親には料理がうまくなったと言ってもらえるようになった。

でも家族以外の人に料理を作ったことはなく、そんなおもてなしは私には自信もないままである。

(70代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日    ※イラストはイメージです

父親の本音

夜の10時…私は自室に…妻は歯磨き…娘は明日の勤務のシフトの確認をしていた。その時…妻の歯磨きの音が途切れ…娘が異変を感じ妻の元に行くと妻は朦朧としてひざまずいていた。

娘が「お母さんしっかりして」と妻の頬を叩いたり呼びかけても反応が弱い…「お父さん大至急救急車呼んで…」と私を呼び…その間…娘は妻に声掛けを続けていた。

1242754.jpgこのコロナ禍…電話をすると…コロナの症状があるかと聞かれ…意識朦朧だけなので…すぐに救急車が到着…現場を見ている娘に救急車に乗ってもらい救急病院に搬送された…暫くすると娘から連絡を受けた息子夫婦も病院に駆けつけてくれた。

診断の結果は「起立性低血圧」脳に血液がいかず意識が朦朧とした事が原因だった…心電図等も異常はなく…点滴をして妻は意識を回復した…娘の機転で妻は救われた…

私が自室に籠ってしまえば妻の異変に気が付かなかった…妻の生命に異常がないとわかると…張りつめた糸が切れたのか…娘は「良かった」と大粒の涙を流した…「お父さん救急車」と躊躇せずに私に指示する時は気丈に振る舞っていたが不安で一杯だったのだろう…それだけ母親の事が心配だったんだな。

彼の父親が入院して現在…結婚は延期状態だが…この優しい娘がもうじき嫁ぐと思うと…やはり寂しい…父親の本音である。

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日    ※イラストはイメージです

来た!孫からの便り

2138372.png友人の話だと、夫婦二人暮らしだとお互いの誕生日も次第に格別なことをしなくなるのが通常のようだ。そういえば我が家でも心当たりがなくもないと言ったところだ。

が、今年は違った。夫の誕生日が近くなると、なんとなくざわつく気配が漂ってきた。そして間もなく義父の亡くなった歳に到達するので、一歳でも長生きするようにとの配慮がからんでいるせいと気が付いた。

二日前になると六歳の孫がお便りを出したという情報が入った。孫と文通をしようとの夫からの便りも一回だけの往復で終わっていたのだ。

当日ポストを覗くと入っていた。「ぼくは6さいですが、じじはなんさいになりましたか」とあり、鬼滅の刃の絵も添えられていた。最初の時より字が小さくなり、軸の揺らぎも減っている。成長してるな、と夫はつぶやきながらすぐに返事を書き始め、自分の歳と今度帰省の時に抜いてもらう大根の成長を伝えるなど興味を誘っていた。

全部平仮名で、孫に読ませようの目論見が透けてみえるが、それにしても素早いなと思っていると、孫から電話が来た。受話器から漏れてくる
のは「じじおめでとう」の大きな声。ありがとうの後、夫はどうやらおたよりの内容をなぞり、あさって届くよと結んでいた。

ほのぼの誕生日になった。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日    ※イラストはイメージです

DNA

844012.png我が家には3人の子供がいる。
小学生の女児と幼稚園に通う男児2人だ。
よく兄弟でも全然性格が違うと聞くが、
我が家も同じで、3者3様、全く違う。
物を買い与えた時、姉と弟は当然のごとく受け取り、ありがとうも言わない。
しかし真ん中っ子だけは
「お母ちゃん、買ってくれてありがとう」と言ってくれる。
しかも、
「お金なくなっちゃったね、大丈夫?」
や、何かを買おうと思っても
「僕はいらないよ、家のお金が無くなったら大変だから」
と優しいことを言ってほろりとさせてくれる。
お菓子を与えると、真ん中の子だけは専用のお菓子袋に入れて残しておく(これがいつも喧嘩の元になるのだが)
そんなことを母に話していると、
「3人の話聞くとやっぱり○○(真ん中)があんたに一番似てるなって思うわ」
と言う。
そういえば私も真ん中っ子で、小学校に上がる前から家のお金が無くなることを異常に心配していた。
家族が消し忘れたこたつや電気を目ざとく消して、説教して回っていたっけ…。
似てると言われると真ん中っこがよりかわいく見えた出来事だった。

(40代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 10:40 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日    ※イラストはイメージです

しゃぼん玉の木

1570935.png 夏が近づくと、遠い遠い日を思い出します。夏休み、父の実家がある田舎には、いとこの同い年の男の子がいて、連日遊び回りました。中でもシャボン玉は楽しいひとときでした。

 いとこの案内で近所の神社にある、「シャボン玉の木」になる丸い「シャボン玉の実」をいっぱい取って、それを水で溶かすと、石鹸液と同じで、シャボン玉が吹けるのです。一体あれは何という名の木だったのでしょう。シャボン玉を吹きながらいとこと飽きずにいつまでも遊んでいました。絵本のような思い出です。

 遊び終えると祖母が手作りのおへぎ(おかき)を焼いてくれました。その焼き立てのサクサクとおいしかったこと。

 仲良しのいとこは、若くして亡くなりました。夏休みには決まって父母と訪れたその家は、今もあり、父の弟が住んでいます。そして今は家の近くに父の墓が、父が生まれ育った景色を眺めるように立っている。遠くに見えるあの神社のしゃぼん玉の木。

 幾星霜を刻んで、何もかもが変わっていく。

(70代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日    ※イラストはイメージです

妻の誕生祝いでの出来事

 1月11日は妻の誕生日…娘、息子、嫁にプレゼントを渡され「ありがとう」と満面の笑みの妻…暖かい肌着や靴下、上着など子供達は妻の好みが良く分かっている。私は妻が好きなアーテイストのDVDを贈ったがなぜか浮かぬ顔…車でいつも同じ歌を聴いている妻も新しいDVDに喜ぶと思ったんだが…全然喜ばない…余りにも子供達との喜び方の違いに私も腹を立て、「いらないんなら目障りだからどっかにしまって」と言ってしまった。

872121.png 娘にその事を話し、どこがいけないのか聞いたら「お父さんもセンスないね」と言われた。そんなある日、極寒で自転車で職場まで通勤する私に妻は気の毒と思ったんのか車で送迎してくれた。その時誕生祝いのDVDを妻は聴いてくれている事を知った。もう結婚して30年…お互いに拗ねてみせるのもこれまた愛情…そう思った誕生祝いでの出来事だった。

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日    ※イラストはイメージです

学齢前の1万8千歩

 コロナ禍の中、帰省中の孫をどこへ連れてゆくか悩んでいるとき、地方の学校で通常なら行かない近場にある著名な渓谷へ遠足を決行したら好評を得たという報道を思い出し、参考にしようと思いました。幸い夫は今住むところが地元。子供の頃の遠足先を辿ってもらい、小学三年生のときのロッククライミング練習場にもなっている標高150メートル余の山頂岩山、最寄駅から一時間半程度というのに魅力を感じ決定しました。

203539.png その日、学齢前の孫でしたがすこぶる健脚でした。ハイキングコースの入り口に差し掛かると老夫婦の10メートル先を歩き出し、分岐点ではきちんと待っていてくれました。山頂での練習者を見て「わお」と奇声を上げ、自分もと岩につかまり足の届く範囲の小さな穴に靴先を突っ込んでは繰り返し跳ねていました。

 ゆっくりと昼食をとり、展望台から富士山や東京湾を眺めた後の帰りの電車内では窓外の景色を眺めながら「楽しかった」とつぶやき微笑みを見せていました。戻ると、感動した場面を画用紙に描くよう娘から催促され、山と電車の二枚を描き、「また行きたい」としめくくってくれました。帰宅後の歩数計は1万8千。スタミナついているんだなの娘の感想に、よかったと夫と頷き合いました。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日    ※イラストはイメージです

背伸びしてた頃

1080466.jpg 負けず嫌いだった子どもの頃の私。背が飛躍的に伸びる小学高学年になるとすぐ上の兄をつかまえては柱にそって立つよう促した。数日おきになるので何度も「しつこい」と嫌がられた。それでもひるまなかった。

 あるとき、限りなく兄に接近した。嬉しくて柱の傷を親に見るように言った。けれど中学になると兄はグンと背を伸ばし、必要ないと突っぱねるようになった。くやしくて今度は母を相手にやり出した。母なら背が伸びないからという打算などない。とにかく背が一番近かったからである。

 そして小学卒業を迎えると追いついた。気をよくして鉄棒のぶら下がりやかかと揚げなどを繰り返していた。いちずに追いつけ追い越せの道をひた走る私。そういう性格と言われようがかまわない。そして追い越した。

 育ててくれている感謝を思わないではなかったが、ひたすら喜び、父に繰り返し報告していたがやがて忘れた。それから三十年程経ち娘の一人に追い越されたとき当時を思い出した。

 背が伸びない年にもなっているしで特段の感慨はない。むしろ娘の成長を幸せに感じている私がいた。母も同じだったのだろうと思う。いや、騒がしくない分私のほうが恵まれているように思えた。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 11:03 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日    ※イラストはイメージです

孫の世話あるある

 娘の親友が生後2か月のあかちゃんを連れて我が家に遊びに来た…「可愛いね」もみじの様な手…些細な仕草…何を見ても可愛い。「早く孫が欲しいな」と私が囁くと娘に「プレッシャー与えないでよ」と言われた。家族の忘年会…息子夫婦、娘の彼も参加…子供の話題が出た所…もし私が孫の世話をしたら?の話題で盛り上がった。

381483.jpg 「川遊びに行ったら子供より爺ちゃんが先に川に流されないか心配」…「カブトムシ捕り行ったら爺ちゃんが木から落ちるか、ハチに刺されないか心配だ」「公園で遊んでも張り切り過ぎて転倒するね」と子供達は自分の体験談から孫の世話あるあるで大盛り上がり…嫁、彼も一緒に笑っていた。

 息子が「お母さん子供を預けても、絶対にお父さんと2人で行かせちゃだめだからね」と言われても…何も言えない私…でも孫が生まれたら溺愛するだろうな…今年はコロナが終息して…孫が生まれても安心な年になります様に…

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日    ※イラストはイメージです

缶詰

1780973.png 父は食通のグルマン。作ることも得意で、やると決めた日は素材から調味料まで徹底的に拘る。長い長い調理が始まる。そんな父だからスーパーへの買い物もきらいではなく、母の買い物にはほとんど付き合って一緒に行動。

 ある日私が、何の料理しようかと思案していた時、父が最近缶詰を買っていたのを思い出した。あれを使わせてもらおうと、缶詰を手にしたとき、何か違和感があった。やけに大きく重いのだ。経験で感じるいつもの缶詰とは異なる不思議な感覚。父は何の缶詰を買ってきたのか、と手を止めて缶詰をよくよく見た瞬間、ギョッとしてキャっと声を上げた。

 大きな猫の顔のイラストがでかでかと描かれていた。ペット用の缶詰ではないか。危うく人間様の料理に使うとこだった。笑いが込み上げて、父に即伝える。ええっ!と、父もびっくりの大笑い。笑いを聞きつけて母も父の部屋にやってきた。母も大笑い。

 スーパーでペット缶詰を目にすると思い出されてくる、父失敗の巻の遠い日の楽しい思い出。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日    ※イラストはイメージです

ごはん3杯お替わりできるものって…?

129434.png 昨日、ちょっと奮発してウナギの蒲焼きを2本買いました。

 うちの双子の男子(6歳)は、ウナギが大好き。夏に食べたときは3回もご飯をお替わりして、しまいにはたれだけをご飯にかけて食べていました。それを思い出して、双子の1人に、「今夜のおかずはあなたが大好きなものだよ。ご飯3杯いけちゃうよ。なんだと思う?」と聞きました。すると「わかった!ゆかり!」と。ゆかりって、ご飯にかけて、しそ味にするのあれです。ふりかけです。

 確かに好きだけど…。脱力して、もう1人に同じことを聞きました。すると、もう1人も、「あー、ゆかりね」と。2人のゆかり愛と、夏以来食べさせないと子供ってこんなにも忘れるのだなあ、と切なくなった出来事でした。

 もちろん、夕食のウナギは、それぞれごはん3杯お替わりしてもりもり食べました。

(40代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 15:12 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日    ※イラストはイメージです

我が家のばら寿司

 母のばら寿司はちょっとユニーク。何しろ具材がいっぱい。高野豆腐、里芋、こんにゃく、人参、椎茸、卵、絹さや・・。それぞれ先に味付けしておくので半日仕事。そして、絶対欠かせないのが金時豆。これが結構甘い。

1320250.png 随分変わった、おいしいお寿司は母独特のものかと思っていたら、いつだったか、徳島でスーパーに入った時、売られてるばら寿司は全部金時豆が入っていて、徳島の郷土寿司みたいなものだと知った。母の故郷は徳島。それでか〜と思ったのだが、母のばら寿司は市販のものと比べて格段に美味しい。同郷の父もこのばら寿司作りはなかなかの腕前。母よりうまいかも。

 私にとってばら寿司は、母の味、かつ父の味、そして我が家の味。手間暇かかるので、母は面倒になったのか、随分前から作らなくなった。父は晩年も時々作っていた。具材は半分に減ったが、父の大好物である金時豆は増えていた。

 かく言う私、父母のおいしい味を引き継ぐことはできそうにない。

(60代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日    ※イラストはイメージです

家族親睦会で思った事

 先週娘の彼が家に泊まりに来た。彼が私達家族と親睦を深めたいと彼からの提案だった。8月にバーベキュ大会を開催し、彼も招待。息子や私とも意気投合…娘と姉の幸せを祈る男に厳しい男軍団も気さくな彼を家族の一員と認めた有意義な一日だった。彼も居心地が良かった様で…彼からの提案で親睦会とは嬉しい…

 前回は泥酔し、よれよれとなった息子と彼だが…今回は若干酒を控え…同業種で働く2人…仕事の話で盛り上がった。この若い2人、近ごろの若者には珍しく仕事に妥協を許さない…その仕事に対する姿勢に私は感心した…

1317492.png あっと言う間の5時間…仕事の話に熱中する余り、妻と嫁は先に寝て、娘は眠い目をこすりながらも話に付き合っていた。人見知りな息子がこれだけ話せる相手。やはり娘は見る目がある。

 このコロナ禍、今の時期に結婚は難しいかも知れないが…5月には息子が結婚して私には新たに娘が出来た。早く娘も彼と結婚して家族が増える事を楽しみに…私も老ける事なく頑張って行こうと思った一日だった。

(60代・男性)


posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日    ※イラストはイメージです

まずは元気で入学を

 散歩帰りに知り合いの親子に出会った。来年学校に上がるという子が「ランドセルを買ってもらった。字も書けるようになった。名前は漢字でも」と滑らかに話しかけてくる。「楽しみね」と応じて家に入ると、娘からの電話で「すぐにタブレットを見て」だった。下の娘からの手紙を孫がはさみをで封を開けていた。

293752.png 鬼滅の刃のシールと手紙が入っていた。早速平仮名の手紙を読み始める。「今度遊びに来たら、かけっこしよう、負けないように練習している」のくだりがあった。孫はこの秋の運動会のリレーで前の走者をみんな抜いた上二位を大きく引き離してバトンパスしたばかりだった。それに刺激されての負けない魂が下の娘にも火がついたらしい。

 それにしても字がよく読めるな、なら書く方はと思ったとたんに、自分の頃はどうだったのだろうと思った。学校へ上がる前の幼稚園では身体を動かすことが多くて、読む方はともかく書く方は名前を平仮名で書ける程度だったように記憶している。学校前の子には関心が集まるが受ける反応は人さまざまだ。励みにしたり記憶を呼び戻したり・・。コロナに負けずまずは元気で入学をと祈りたい。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日    ※イラストはイメージです

 「今年はお花見できないね」って言ったら「桜は毎年咲くんだよ、この先いくらも見れるじゃないか」と夫。

 「今年は福島三春の滝桜を見に行こう」と誘ってくれていたのに、検診で引っ掛かって手術になるなんて思いもよらないことだった。不運を嘆いたら「悪いところを見つけてもらったのだからラッキーと思えよ」と、夫らしいポジティブ思考に、萎えていた気持ちがちょっと楽になったっけ。
           
1026593.jpg 思ったより早く退院した私を迎えてくれたのは、病院の前から2キロにわたって続く満開の桜並木だった。心の襞にまで浸透してくる桜の優しさ、美しさ。今まで見たどの桜より美しいと、心底思ったあの日。世の中の花という花は、人の心を癒すために咲いてくれるのだろうか。とりわけ桜は上品な色合いといい、華やかな眺めといい、心が前を向く。

 桜のトンネルを夫はややスピードを落して走ってくれる。「いい花見ができたな」と夫。桜に癒され、気持ちが新たになっていくのを感じた。

 今から27年前の忘れられない思い出。

(60代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 17:39 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日    ※イラストはイメージです

結婚記念日の出来事

994558.png 10月25日今日は結婚記念日。私は妻が好きなワインをプレゼントしようと、近所のスーパーでワインを見たが、どれも廉価でプレゼントに適したワインが見つからない。

 そんな時四角い箱に入ったワインを発見、贈答用だと思い購入した。その日は16時から23時までと言う変則勤務。希望休を入れなかった為、妻と結婚記念日を夜祝う事が出来ず、妻に「ワインを楽しんで」と言って仕事に出た。

 仕事から帰り、冷蔵庫を見たらそのワインは何と業務用ワイン。業務用の漂白剤の容器みたいなのに入った蓋が付いた3リットル入りのワイン。あれ…余りの想定外に呆然とする私。

 翌日妻から「ワインは鮮度が命、何も3リットルも同じワイン買ってこなくてもいい」と怒られた。

 この所老眼が酷くなった私。老眼鏡を忘れた為に小さな文字がぼやけ確認せず購入した。「ま、でも美味しかったからいいよ」と妻は呆れながらも喜んでくれた。

 前日は娘がケーキを焼いてくれ結婚記念日を祝ってくれた。相変わらずドジな私だが…こんな私だからこそ妻は私が心配で自然に母親の様な存在になったんだなと思った。私が几帳面で完璧な人間なら妻も息苦しくつまらない夫婦でいたかも…

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 17:33 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート