父親の本音 - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

2021年03月02日    ※イラストはイメージです

父親の本音

夜の10時…私は自室に…妻は歯磨き…娘は明日の勤務のシフトの確認をしていた。その時…妻の歯磨きの音が途切れ…娘が異変を感じ妻の元に行くと妻は朦朧としてひざまずいていた。

娘が「お母さんしっかりして」と妻の頬を叩いたり呼びかけても反応が弱い…「お父さん大至急救急車呼んで…」と私を呼び…その間…娘は妻に声掛けを続けていた。

1242754.jpgこのコロナ禍…電話をすると…コロナの症状があるかと聞かれ…意識朦朧だけなので…すぐに救急車が到着…現場を見ている娘に救急車に乗ってもらい救急病院に搬送された…暫くすると娘から連絡を受けた息子夫婦も病院に駆けつけてくれた。

診断の結果は「起立性低血圧」脳に血液がいかず意識が朦朧とした事が原因だった…心電図等も異常はなく…点滴をして妻は意識を回復した…娘の機転で妻は救われた…

私が自室に籠ってしまえば妻の異変に気が付かなかった…妻の生命に異常がないとわかると…張りつめた糸が切れたのか…娘は「良かった」と大粒の涙を流した…「お父さん救急車」と躊躇せずに私に指示する時は気丈に振る舞っていたが不安で一杯だったのだろう…それだけ母親の事が心配だったんだな。

彼の父親が入院して現在…結婚は延期状態だが…この優しい娘がもうじき嫁ぐと思うと…やはり寂しい…父親の本音である。

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート