苦心の輪、広がれ - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2019年09月14日    ※イラストはイメージです

苦心の輪、広がれ

124375.jpg 小さな家庭菜園をやっている。トマト、キュウリなど自分で育てたものを毎日味わえる喜びが夏にはある。が、今年は日照不足と日照りが交互にやってきたために育て方が難しく収穫しても味が今一つだ。さらにカラスの急襲が目立って盛んだ。そこでいつもの色物のテープ張りや網掛けに加えて適所にトゲのある材料を置くなどしたらようやく遠のいた。

 こんな苦労話を道で立ち話していると、突然窓が開いて「いい話を聞いた。さっそくうちでもやってみたい。うちの菜園を見てくれ」と声をかけられる。菜園をしている方と知らなかった家だが、やはりカラスには苦労していて、見つけると窓を開いて「パン」と手を叩く方法で防いでいたと言う。早速三人でテープや網の張り位置のほか、止まりそうなそこここにバラ線を張ったらよいかもなどと話が弾んだ。

 さらにあそこの家でもやっている、などの情報も得られ、たまに情報交換会をしよう、昼食会を兼ねてということになった。カラス対策のほか、味をよくするもっと良い方法があるかも、肥料や水遣りは、などと期待が膨らむ。家に戻って夫に話したら「僕も」と言う。確かに協働作業者だが「ここは女子会で、でも将来的にはありかも」ということにした。広がりが楽しみになってきた。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 10:47 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート