よかったじゃない、人助け - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2019年04月29日    ※イラストはイメージです

よかったじゃない、人助け

442229.jpg 娘から電話がきた。近所の仲良し主婦さんから早朝連絡があり、都合が悪くて行けないから代わって行ってくれない?と。三歳の息子が毎朝9時に坂の下の市道脇に立ってバスに手を振るものだからそこまで手を引いて連れて行って、というものだった。

 そしていつもの時間のバスが来ると手を振り出す。すると振り返してくれる乗客もいたそうで、微笑ましい光景と映ったという。上り下りで四台ほど、時間にして三十分ほどで戻ったが、「かっくいかった」と言って満足な表情を見せてくれたという。よかったじゃない、人助けよ、と褒めてやると、たった一日だったけど、自分の子も同行させたのでその後バスに手を振るようになったほか、ショベルカーなどの工事用車を乗せたトラックになると激しくって、と言う。

 好きなことが広がったのね、それもいいじゃない、と続けてやると、さらに「かっくいい」の言葉も真似して言うようになって、というので、それもいいわね、新しい言葉を覚えられて。子供の成長期にはいろいろあるわよ、と言ってやると少し安心したらしく電話が切れた。

 思わぬことがきっかけの新たな体験の一つ、子供には微笑ましい出来事と思った。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 23:28 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート