母の服を着ています - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2019年04月29日    ※イラストはイメージです

母の服を着ています

 私が身につけているものの多くは母のお下がりか、通販で買ったもの。22歳の年齢差がある母が選んだ服やバッグでも、何ら遜色はない。おしゃれね〜、といわれるのが常。洋服、バッグ、アクセサリー、帽子に至るまで母のお下がりを持っている。

 母がそもそもおしゃれで、大の買い物好き。いらなくなったら私に回って来るから、私は買い求めることもないのである。サイズが合うのでありがたい。母親の服を着ていると気づく人はまずいない。どこで買ったの、と聞いてきて真実にびっくりされる。

 最近は通販が充実していて、買い物きらいの私も、これなら気兼ねなく買い物を楽しめている。それにしても、私の買い物きらいのルーツはどこにあるのだろう。祖母も買い物をしない人だった。祖父は母と同じく大の買い物好きだった。はたして私は祖母の隔世遺伝かしら。

513137.jpg 買い物好きの母は幼い私をよく買い物に連れて行った。喜んで同行したものだが、だんだん子ども心にも苦痛になってきた。何しろ母の買い物は長い。選ぶ時間も歩く距離も。商店街を端から端まで、デパートなら上へ下へと1日中過ごす。帰宅したら私も母も足が棒になって疲労困憊。そんな日の絵日記をいくつも描いた記憶がある。

 母と娘の同行買い物風景は中学時代まで続いた。母は今も洋服の買い物が好き。回数はめっきり減ったが、体調のいい時には一緒に出かける。押し車で洋服の間を見て回る母はもうすぐ卒寿。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 23:19 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート