たまご - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2018年12月09日    ※イラストはイメージです

たまご

 卵がパックで売られるようになったのはいつごろからだったろう。

 子どもの頃、卵屋さんにはもみ殻の上に卵が並んでいた。そして必ず電球がぶら下がっていた。客が選んで差し出した卵を、店主は1個1個丁寧に電球にかざし、卵の中身を検査していた。「一体何が見えるのだろう」。幼い私はいつも興味津々だった。店主がそんな『儀式』を行っている間、母は黙って見守り待っていた。「悪い卵じゃないか調べてくれているのよ」と教えてくれた。

 儀式が終わると、店主は、三角折りした新聞紙の中に、一個一個丁寧に入れて、最後に包み込んで手渡す。こんな包装でも卵が割れたことはなかった。母は新聞に包まれた卵を大事に市場かごに入れた。

767111.jpg 私はこの『儀式』を眺めるのがすきで、母と買物に行く時には「今日は卵買うの?」といつも聞いていた。あの頃卵は貴重品。せいぜい買っても数個。

 帰宅して市場かごから卵の入った新聞紙をそっと取り出す母。そしてその日は卵料理が食卓に上がる。冷蔵庫もない時代だから即使う。

 卵を電球にかざしたら、私には懐かしい昭和30年代が映し出されてくる。

(60代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 11:08 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート