蝉になむなむ - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2018年10月13日    ※イラストはイメージです

蝉になむなむ

229528.jpg 孫を連れて恒例のお彼岸の墓参り。慣れぬ手つきで柄杓で水を汲み、濡れ雑巾で石拭きなどを手伝ってくれた。花を供え線香をあげたあと親を真似手を合わせて終了する。

 細い石段を降りながらの帰り道、お寺の猫が盛んにパンチを繰り出しているに目をつけ孫が近づいてゆく。仰向けになっていた蝉にジャレていたのだ。しばらく眺めていたが、可哀想という顔付きをするので猫を払い蝉を取り上げると傍にきた。恐る恐るの様子でつまむが、表情は変わらない。「なら、いい子いい子してあげたら」と言ってやると背中を撫でた。でも表情が変わらないので、「なら、土に返してやったら。大きいじじばばと同じように」と言うと、娘がすかさず「土に埋めてやるってことよ」と補足してくれた。

 すると、石段の脇の土の部分を石でほじくりだした。小さな穴ができるとそこに蝉を埋め、土をかぶせた。枯れた枝を折って土に刺してやるとしゃがんで手を合わせる仕草を始めた。そして振り返り催促する。揃って手を合わせてやると満足気な顔つきで「ない、ない」と言い埋めた土の上をポンポンしている。片付けるのを「ない、ない」と表現するようになっていたが、「なむ、なむ」に聞こえたような気もした。気持ち優しく育っていると嬉しくなった。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 11:32 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート