迷いながら続けること - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2018年07月16日    ※イラストはイメージです

迷いながら続けること

子育てをしていると、自分がどんな人間だったか忘れてしまうことがある。

理不尽なことで泣いて、短い手足で思いっきり私を叩き、蹴る子供をなだめて、気をそらせて、ピエロみたいにおどけてみたり、だんだんこちらも腹が立って怒鳴ったり、時には手が出てしまうとき、「こんな子育てをしたかったわけじゃないのに」と落ち込んでしまう。

私って、こんなに怒る人間だったっけ?
しかも、怒り方もネチネチと嫌味たらしく、子供に分かるはずもない言葉を使って子供を追い詰める。

子供がもう少し大きくなったら、分別が付き、言葉も理解し、空気だって読めてしまうかもしれない。もう少し、わかっている。
なのに、今日もまた、怒ってしまう。

先日、いつも通り長男がぎゃんぎゃん泣きはじめた。「お母ちゃんがトイレ連れて行ってくれなかったから、ウンチが逃げちゃった!」・・・
今まで夢中でテレビを見ていたくせに。便意を催したとは一言も言ってなかったくせに。

テレビが終わったのをしおに、さっきまであった便意を思い出したのだろう。私を叩く、蹴る、引っ掻く、かみつく。ぽろぽろと涙をこぼして。
でもその日はなぜか、腹が立たなかった。

1012701.jpgこんなことで涙を、エネルギーを、大きく無駄使いする息子が、お馬鹿で可愛いな、と思った。
なので、思わず笑ってしまい、抱きしめてみた。

すると、息子も笑った。
少ししたら落ち着いて、「ウンチ行こうか」と誘うと、素直に応じた。「お母ちゃん、ごめんね」とまで、言ってくれた。

少し離れて子供を見たら、許せることもあるんだと学んだ出来事だった。
完璧とも、理想ともほど遠い子育てだけれど、私らしく(なるべく怒らず)、続けていこうと思う。

(30代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 12:03 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート