孫は強し - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2018年07月16日    ※イラストはイメージです

孫は強し

073524.jpg 久しぶりに娘の家族と初夏の高原旅をした。牛や馬、ヒツジにヤギがいる大きな牧場脇の小道をのんびりと散策したが、身体が覚えていたというのか、バライチゴや桑の実がなっていないか次第に小藪の方に目が行くようになった。それを知ってか、夫からどうやらここには無い様だねえと声をかけられる。

 そして木漏れ日のテラスで地元産ふんだんの昼食。小気味よいが少々の疲れもあったのでこのあと宿泊先まで循環バスの利用を提案すると、せっかくだから歩こうと娘の家族が言う。ようしと気を取り直し緩やかに下っていると、道に紫や赤の実がたくさん落ちている。

 アッと声を漏らしながら見上げると大きな桑の木。早速腕を伸ばして一粒口にすると、これが甘くておいしい。すると孫も娘からもらって笑顔を見せる。「願っていると叶うとはこのことね」と言うと、娘から「頑張って歩き通したごほうびよ」と声がかかる。

 しばらくはどっちだ、両方だのやり取りになったが、「ごほうびです」と孫から声が上がった。あら、終始笑顔でいても結構頑張って歩いていたんだと思い直し、「そうよね、ごほうびよね」と言い孫の頭を撫でてやったところで決着した。

 まことに孫は強しのまざまざ体験とみんなで笑い合った。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 11:51 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート