プライマリー - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2017年12月22日    ※イラストはイメージです

プライマリー

 実家は貧しかったので、子供の頃はピアノ教室に行っている子がうらやましかった。それに、近所に何でも欲しいものを買ってもらっている男の子がいて、自分の弟が不憫だと感じたことがあった。

 その反動で、私の長女には、ピアノ教室に行かせている。下の男の子はまだあまり物を欲しがらないが、ことあるごとにおもちゃを買い与えているのは、夫ではなく私の方だ。

 長女はピアノが面白くないらしく、家では全然練習しない。長男もラジコンがうまく使えず壁に激突、溝に落ちて、破壊寸前である。ピアノはそういえば自分がやりたかったんだと気が付いて、最近は私が5歳児コースの超初期の本を見て時々弾いている。やっと両手が使えるようになって、誰もが知っているような曲もたどたどしく弾けるようになってきた。

092306.jpg 下手な母親でも一生懸命弾いていると、娘は対抗意識を持つらしく、彼女も練習し始めた。この頃は夕食後に私と娘が片手ずつ弾いて、合わせたりしている。

 息子のラジコンは、私もやってみたら意外と難しかった。これは私が操作してももうすぐ壊滅するだろう。

 子供たちの楽しむ姿を見ていたら、実家の両親は、物やお金はあまり与えてくれなかったけど、いつも私たち兄弟にちゃんと向き合って、一緒に遊んだり話を聞いてくれていたなと思い出した。

(30代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 21:09 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート