恋愛の心得 - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2017年12月18日    ※イラストはイメージです

恋愛の心得

 来年短大を卒業し就職が内定している息子に彼女ができ交際半年を過ぎた。彼女は短大の後輩であり交際3か月を過ぎた頃より我が家を訪れ、今では会社の寮で生活している娘よりも家にいる時間が長く感じられる程、我が家には馴染んでいる。息子も彼女との熱々ぶりばかり私に聞かせるので「燃え尽きなければよいが」と陰ながら心配はしていたが、ある日息子より彼女との真剣な交際内容を聞き安堵した。

977366.jpg 余りに熱々ぶりに「お互い素の自分を出し切っていないのでは」と心配した私の予想に反し、息子も彼女もありのままの自分を双方だしていた。故に週に2日は口論する事もあると言う。だが口論するたびにお互いを知り絆は深まり愛情は増していった。

 息子と彼女にはお互いに定めたルールがある。「当日の喧嘩は翌日には絶対に持ち越さない」。それを聞いて安心した。「恋愛」と言う甘い言葉に酔いあ互いに自分を取り繕って我慢を重ね、交際を続け結婚に至っても「こんなはずではなかった」と失望して落胆にかられるケースが多い。お互い素の性格を認めあって交際しているのであれば私は応援する。

 私も子供達が成人する頃から恋愛の心得は伝えておいた。「自分と人生を共に歩ける相手と出会えたら、金と時間は惜しむな」と。妻との恋愛で得た教訓だが息子も私の心得を忠実に実践している。息子が短大を卒業し就職して、彼女も再来年卒業しそれぞれ環境が変わる中、更にお互いを慕い愛情を深め将来は共に人生を歩める事を祈る。

 因みに彼女の苗字は妻の旧姓と同じである。偶然だが何か運命も感じている。

(50代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 15:11 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート