お土産に込められた優しさ - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2017年11月01日    ※イラストはイメージです

お土産に込められた優しさ

315983.jpg 先日、次男が修学旅行に行ってきました。一泊二日の旅行でしたが、次男以外の息子、娘達が賑やかにしていても一人いないだけで親としては寂しいものです。
「ただいまー」
「おかえりー」
 次男の帰りを待ちわびていた家族全員の声が家中のあちらこちらから聞こえてきます。帰りを待っていた思いは皆同じだったようです。
 さて、居間に入ってきた次男は、何やら大きな紙袋を持っていました。その中身は、なんと
「もみじまんじゅう4箱!」
「えー何でおまんじゅうばっかり買ってきたの。他に買うものなかったのかな?」と言いそうになりましたが、ぐっとその言葉を飲み込んで次男がなぜこんなにもたくさんのおまんじゅうを買ってきたのか想像してみました。
 すると次男が、
「あんこが入っているものとカスタードが入っているもの買ってきたよ」
と嬉しそうに話してくれました。実は、長女と三男はあんこが苦手で食べれないのです。
「そうか、みんなのことを思ってこんなにたくさん買ってきてくれたんだね。優しいな。ありがとう」
 妻と私からは、ほぼ同時に同じような感謝の言葉が出てきました。
「自分のお土産は買ったの?みんなのものを買って自分のものは何も買えなかったんじゃないの?」
「これといって欲しいものなかったし大丈夫だよ」
そう言いながら照れ屋の次男君は部屋を出ていきました。
 お土産に込められた次男の優しさをかみしめながら家族みんなで特別なおまんじゅうを味わいました。

(40代・男性)
posted by ファミリー・プロミス at 11:17 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート