秋祭り - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2017年10月13日    ※イラストはイメージです

秋祭り

先日、実家の秋祭りに家族で参加しました。
実家の座敷に並べられたたくさんのご馳走、祖父母からのプレゼントや大勢のいとこに囲まれ、楽しそうにはしゃぐ3人の我が子…。
私たち夫婦は、その様子を見てほくそ笑んでいました。
はしゃげるのも、今のうちだよ…と。
賑やかな昼食が終わり、13時を過ぎたころ、いよいよその時がやってきました。
数人のいとこはすでにそわそわしています。我が子も6歳の長女だけは去年までの恐怖が蘇り、仲のいいいとこと隠れる場所を探しています。
3歳の双子の男児は、何もわかっていません。去年まではちょうど昼寝の時間にかかって、見ていないのですから。
その時、庭の方で
「うおー!」
と言う雄叫びをあげて、竹の棒を引きずる音が聞こえました。時々、竹の棒で軒下や庭をたたいている音も聞こえます。
「とうとう、やってきたね!」
旦那と目配せしました。この時を待っていたのです。
774396.jpg嫌がる双子を抱きかかえて、赤い天狗のお面を付けた鬼(番内)と対面させました。
案の定、恐怖におののく子供たち。怖すぎて泣くこともできないようでした。
対面した番内は優しくて、頭をそっとなででもらった二人は、番内が去った後でも放心状態でした。
だんだん自我が芽生え、わがまま放題になってきた双子の男児。これ以降、「鬼さんくる?」が口癖のようになっています。
「鬼さんに言うよ」「鬼さんが来るよ」と言うと、わがままがピタッと止まります。子育てが、少し、楽になりました。
子供のトラウマになるとか、親のエゴだという人もいるかもしれませんが、私自身がそうやって育ってきました。
残り少なくなってた日本の古き良き伝統を、彼らの脳に残してあげられたのではないかと思います。
また、来年も参加します。

(30代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 16:11 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート