家にいてよかった - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2017年10月13日    ※イラストはイメージです

家にいてよかった

 暮らしの音というのがあり、人それぞれに生活のリズムを刻む。昔なら、朝の牛乳配達の瓶の触れ合う音、納豆売りの声、夕なら豆腐売りのラッパの音などだ。

362139.jpg 今はどうだ。改めて耳を澄ませてみる。朝は新聞配達のバイクの音、昼は大型ごみ収集のマイクの声、夕は郵便配達のバイクの音などだ。加えて今日はタッタッタの足音。すぐにピンポーンとチャイムが鳴る。門扉まで行くと宅急便の女性が息を切らせて立っている。

 「ご苦労様、お若いから軽快ね」と言うと「いいえ、間に合わないので」と返ってくる。笑顔が小気味よい。「ここらはどこも門扉が閉まっているから大変でしょう」と言うと「いいえ、防犯第一ですから」。「小気味よい足音は近所でも評判」と伝えると「励みになります」。自分にもこのように素直な若い頃があったなと一瞬思う。

 終わると水道とガスメータの検診の方がほぼ同時に車でやってきて門扉を開け閉めする音が響く。それぞれ対応する。この時間いつもなら散歩か買い物に出かけている。たまたまだろうがこの日この時間に集中した。留守番が慣れない夫でなくてよかったと思うと同時に家にいてよかったと思う。

 それにしても暮らしの音、されど暮らしの音と感慨がちょっぴり巡るのであった。

(60代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 12:40 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート