大奥 - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2017年09月22日    ※イラストはイメージです

大奥

212996.jpg先日、ショッピングセンターですれ違った方を見て、あっと思い出した。すらりとした抜群のスタイルと、潔いショートカット。6年前に1度だけお会いしたベビーマッサージの先生であった。

その日は生まれて間もない長女と、まだ子供を抱くのすら戦々恐々としていた夫を引き連れて、公民館の催しのベビーマッサージに参加した。

「パパによるベビーマッサージ」と銘打ったその催しで、先生の優しく丁寧な教えによって夫と子供が大いに触れ合うことができた。これをきっかけに夫は子供と言う未知の生物に恐れることよりも愛おしさが込み上げてきたようだった。

その後自宅でも度々教わったマッサージを実践し、乳児期の長女と育児初心者の私たちにとってかけがえのない触れ合いのきっかけを提供してもらったと記憶している。

しばし、先生の美しい横顔を眺めながら、昔の、拙いながらも一生懸命だった自分たちに思いを馳せていた。

今朝のことである。その長女が
「ねえ、お母さん、大奥ってなに?」と聞いてきた。
どうやらテレビで見たらしい。

「一人のお殿様に、お嫁さんがいっぱいいることでしょ。そのお嫁さんの集まり。」と薄い知識の私が答える。

娘「えー、意味が分からない」
私「あなたにお父さんは1人、お母さんが10人くらいいるってこと」といい加減に答えたら、
娘「えっ!(絶句)10人のお母さんに怒られるの!ヤダ!」
私「・・・」

彼女のなかでは「お母さん」イコール「怒る」なんだなあ、とちょっと悲しく、またそんなに怒られることばっかりしないでよ、と思ったエピソードだった。

いづれにせよ、あれから6年。すくすくと成長した娘は思いもよらない返答で、いつも家族を明るい笑いに包んでくれている。
(30代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 15:56 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート