もうすぐ70年 - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2017年08月19日    ※イラストはイメージです

もうすぐ70年

 応接間に、両親の写真がいくつか飾られている。

045204.jpg 信州の雪の中で佇む両親のスナップ写真を、二人はいたく気に入ったので引き延ばしてあげた。母はそれを額に入れて飾った。また旅先で、平安時代の旅人女性の装束に変身した私と母のツーショットもある。父が叙勲を受けた時に、夫婦でプロに撮ってもらったという記念写真は、特大の立派な額に納まっている。

 応接間は他にも大小の写真が置かれていて、客人の座持ちのネタになっているようだ。

 中でも見るたび胸にこたえるのは、写真館で撮ってきた両親の金婚記念写真。母が文金高島田、父が紋付き袴。母の頭は黒髪のカツラに真っ白な角隠し。扇子を手にした二人の姿に、ほほえましい思いと共に、かすかにほろ苦さを感じる。

 戦後の貧しい日本で、結婚式もままならなかった無念さが、50年間ずっと心残りだったようだ。波風もあったが、50年を超えて連れ添ってきた記念に私が知らん間に撮影してきたのだった。初めて見る両親の結婚写真。照れ笑いして、まんざらでもなさそうな両親。角隠しが重かったと報告する母。

 あれからまた年月は流れ結婚60年のダイヤモンド婚も超え、あと数年で、その語彙もない「70年婚」が近づいてきた。

 ありがたいことである。長寿の両親に感謝感謝。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 11:34 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート