不思議な縁 - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2015年05月20日    ※イラストはイメージです

不思議な縁

family_D_2014.jpg 両親が家の建て替えを決めたのは私が39歳の時。私の結婚について両親がうるさく言った時期もあったが、もはや誰の頭にもなくて、今までどおり3人住まいでの間取り、デザインを考えた。現場監督との打ち合わせはもっぱら父。

 そんな折、父が体調を崩し、入院手術という出来事に見舞われた。家はかなり出来上がり、内装にとりかかる頃だった。父の退院はまだまだ先で、仕方なく私が現場監督と打ち合わせすることになった。照明、襖の模様、コンセントの位置等々、仔細な打ち合わせはたくさんあった。時間もかかる。打ち合わせの数は回を重ねた。

096346.jpg そして…父が退院し、家が完成した時、私はこの現場監督と婚約していたのだった。初めての打ち合わせから4ヶ月後、私達は結婚。そしてこの家に彼が同居。こんなことなら2世帯住宅にしておくのだったね、と皆で苦笑。まさかこんなことが我が身に起こるなんて夢想だにしなかった。

 あっという間に縁が運命になる。長々付き合っても縁薄いこともあるのに。私は今もこの結婚が摩訶不思議である。
(60代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 18:23 | 「国際家族デー2015」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート