犬散歩コミュニティで広がる和と輪 - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2014年11月25日    ※イラストはイメージです

犬散歩コミュニティで広がる和と輪

dog.jpgfamily_D_2014.jpg 出産のために娘が里帰りした。連れてきた犬の散歩はじじばばの役目。朝に夕にビニール袋に小スコップを持って出かける。三歳の元気盛りなのでリードが引っ張られ足がもつれることもある。

 数日するとコースが定まってきた。団地の原っぱでボールを放っては咥えて戻るこの犬の得意遊びをしているとウォーキングの人から「うらやましい」と声をかけられた。以前自分もそうしていたが犬が亡くなり代わりを見つけたが気に入らず、一人歩きのやむなきに至っているという。

 リードを持つ人を気にしながら歩いているなんて利巧な犬だ、と躾の良さを誉められることもある。時間を少しずらすと犬散歩集会に加われることもわかった。犬を連れた人たちの一時のお喋りの場である。メンバーは遠巻きの近隣の人たちが多いがこれが明るくて結構楽しい。思わぬ情報をもらったりする。

 一ヶ月もしていると体の調子も良くなってきた。藪の中のボールを犬が見つけると少年野球の子どもたちに返してやる。ありがとうと言われ、いいえと返す。まるで犬散歩コミュニティ。その和と輪が広がっている
実感がある。嬉しい。
(60代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 15:34 | 「家族の日・家族の週間2014」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート