隣近所とのつながり - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2014年05月29日    ※イラストはイメージです

隣近所とのつながり

international_cp2014_episode.jpg 異常気象の影響だったのだろうか、この冬は雪がいつもより多く積もり、春になると強い風の日が多かった。そのために、雪かきや落ち葉掃除に忙しかった。

303.jpg 春になぜ落ち葉掃除と思われるかもしれないが、庭木によく用いられるキンモクセイやコガネモチなどが新緑に代わるときに入れ替わりのようにそれまでの葉を落とす。公園掃除の人が「際限が無い」と歎いているのを耳にしたことがあるが、その苛立ちがわが家にもやってきた。それも近隣のお宅の木の落ち葉である。

 しかし「家の前を掃いたら続けて両隣りの前を掃くこと、集めたゴミは自分のゴミとして片付けること」と祖母からきつく言い聞かされてきたので苦はなかった。

 ところが雪は違った。歳のせいもあって道路の雪を家の前に寄せるだけで精一杯だった。都会の住宅街の間口は狭く、隣接がお互いに協力しなければ上手に寄せ切れない。隣のかたと話し合いながら、こんなに親密に話すのは何年ぶりなのかしらと思った。

 その後、思いがけない雪かきの効果があった。自治会内の世話役の回しが良くなるなど副次的効果が出てきたのである。雪も邪険にするだけのものでないと思った。
(60代女性)
posted by ファミリー・プロミス at 16:21 | 「国際家族デー2014」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート