国際結婚の恩恵 - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

2013年06月10日    ※イラストはイメージです

国際結婚の恩恵

 このエピソードは平成25年度「国際家族デーキャンペーン」において「国際ファミリーエピソード」部門に投稿された作品です。 ⇒キャンペーンサイト
 「ほっ!と一息家族」のエピソードとはまた一味違った内容ですが、一息入れて、しばし国際ファミリーのエピソードでグローバル感を味わってください。

中村夫妻.jpg 私が生まれ育った東京葛飾区奥戸は、昔は韓国の方が沢山暮らしていた村でした。母方祖父は在日韓国男性と美人の日本女性の結婚をとりもったり、在日の方を我が家に招き仲良く飲食共にしていたと母から聞きました。

 主人は韓国・安東(アンドン)という昔は貴族王様が沢山暮らしていたという韓国の伝統的で高貴な方が住む所で生まれ育った方です。主人は韓国へ嫁に来た日本女性の姿に感動され、日本女性と結婚したいと思い、お見合いを申し込みました。

 私は、宗教的な感性が一致した人ならどなたでもと思い結婚を申し込みました。結婚する3年前に夢をみて、「未来のあなたの結婚相手の男性は韓国人で祖国の為に尽くされた方の子孫」と夢の中で声が聞こえ、雪が降る中でスーツを着た男性が立っていました。

 3年後夢に見た男性と出会い結婚しました。しかし、外国に行った事のない両親は、私が国際結婚する事を心配し、父はさみしさから反対し、母は心配しすぎで円形脱毛症になってしまいました。

 婚約者にそのことで相談すると「美智子さんのご両親を愛します。私が日本へ行きます」と言って下さり、仕事を辞めて日本で私の両親と同居して下さる事になりました。夫の深い愛情に我が家は感謝してやみません。

 夫は留学で3年間、仕事でも日本に来ていた方で、日本語が上手な方でした。結婚して15年、親子三世代で仲良く楽しく暮らしています。私の両親も私も、ますます韓国が好きになり、韓国へもたびたび行きます。両親は韓流ドラマにはまり、よく観ています。

 テジャングンが大好きな母は、テジャングンの王様役の俳優よりも、美智子の旦那さんの方がいい男だ!とほめてくれます。父もこんなうるさいじいさんの話を聞いてくれて美智子の旦那はいい男だ!とほめてくれます。

 一人息子も、「おばあちゃんが日本にいるから僕も日本にいるし日本が大好きだ。おばあちゃんの味噌汁が一番、次はおじいちゃん、その次はお母さん、次はお父さんのがおいしい」というのです。息子を通してあらためて国際結婚の恩恵を感じています。
(40代女性)

posted by ファミリー・プロミス at 17:12 | 「国際ファミリー」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート