ある朝の雨宿り - ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2012年11月17日    ※イラストはイメージです

ある朝の雨宿り

ある朝、パパにお願いして息子を幼稚園に連れて行ってもらいました。
すると、ポツポツと雨が降り出し、
大丈夫かなぁ〜と思って見ているとすぐに雨はやみました。

003102.jpgお迎えの時間。
息子を迎えに行った帰り道、
「今日朝急に雨降ったよね?大丈夫やった?」
と聞くと、息子が
「うん、これがぼくを守ってくれたんよ」
と言って靴屋さんの軒下を指さしました。
息子はそのまま軒下に「助けてくれてありがとー」と手を振りました。

その時わたしは、見なれた町の風景がとてもあったかいものに感じました。
軒下も石段もミラーもポストも息子を見守ってくれているような...
来年から小学1年生の息子。
もう送り迎えしてあげられないから、
どうぞ息子をこれからも守ってあげて下さい。
(30代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 13:49 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート