ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2020年11月14日    ※イラストはイメージです

 「今年はお花見できないね」って言ったら「桜は毎年咲くんだよ、この先いくらも見れるじゃないか」と夫。

 「今年は福島三春の滝桜を見に行こう」と誘ってくれていたのに、検診で引っ掛かって手術になるなんて思いもよらないことだった。不運を嘆いたら「悪いところを見つけてもらったのだからラッキーと思えよ」と、夫らしいポジティブ思考に、萎えていた気持ちがちょっと楽になったっけ。
           
1026593.jpg 思ったより早く退院した私を迎えてくれたのは、病院の前から2キロにわたって続く満開の桜並木だった。心の襞にまで浸透してくる桜の優しさ、美しさ。今まで見たどの桜より美しいと、心底思ったあの日。世の中の花という花は、人の心を癒すために咲いてくれるのだろうか。とりわけ桜は上品な色合いといい、華やかな眺めといい、心が前を向く。

 桜のトンネルを夫はややスピードを落して走ってくれる。「いい花見ができたな」と夫。桜に癒され、気持ちが新たになっていくのを感じた。

 今から27年前の忘れられない思い出。

(60代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 17:39 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日    ※イラストはイメージです

結婚記念日の出来事

994558.png 10月25日今日は結婚記念日。私は妻が好きなワインをプレゼントしようと、近所のスーパーでワインを見たが、どれも廉価でプレゼントに適したワインが見つからない。

 そんな時四角い箱に入ったワインを発見、贈答用だと思い購入した。その日は16時から23時までと言う変則勤務。希望休を入れなかった為、妻と結婚記念日を夜祝う事が出来ず、妻に「ワインを楽しんで」と言って仕事に出た。

 仕事から帰り、冷蔵庫を見たらそのワインは何と業務用ワイン。業務用の漂白剤の容器みたいなのに入った蓋が付いた3リットル入りのワイン。あれ…余りの想定外に呆然とする私。

 翌日妻から「ワインは鮮度が命、何も3リットルも同じワイン買ってこなくてもいい」と怒られた。

 この所老眼が酷くなった私。老眼鏡を忘れた為に小さな文字がぼやけ確認せず購入した。「ま、でも美味しかったからいいよ」と妻は呆れながらも喜んでくれた。

 前日は娘がケーキを焼いてくれ結婚記念日を祝ってくれた。相変わらずドジな私だが…こんな私だからこそ妻は私が心配で自然に母親の様な存在になったんだなと思った。私が几帳面で完璧な人間なら妻も息苦しくつまらない夫婦でいたかも…

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 17:33 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート