ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2020年01月20日    ※イラストはイメージです

目下、日本語勉強中

1162377.jpg先日、本屋さんでふと目に留まった子供用ひらがなドリルを、我が家の双子に与えてみた。

5歳男児。幼稚園の同学年ではすらすらと読める子もいるらしい。

我が家はまだろくに読めないが、今からゆっくり始めるつもりだった。

新しい鉛筆と消しゴムも準備して、机に並べて「はい、どうぞ」と与えてみたら、二人は正反対の反応を示した。

弟は丁寧にお手本をなぞり、お手本を見よう見まねで「跳ね」や「払い」まで忠実に再現しようと何度も消しては書いて、を繰り返す。

兄はまずひらがなに興味がない。説得してやっとドリルに向かうが自分の書いた字こそ正しいと、直しには一切応じない。

二人の正反対の反応が面白く、そして書いた字からどんどん覚えていく吸収力に驚きつつ、今夜もひらがなドリルで楽しくお勉強の予定である。

(30代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 17:05 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日    ※イラストはイメージです

妻の気配り

1141132.jpg 還暦過ぎ職種を変えた為、研修期間は通常勤務時間だったが、会社の実技試験に合格して使える人材として認定されると夜間勤務が徐々に増える様になった。入社して4か月。現在は貴重な夜間勤務要員として勤務終了時間23時が当たり前、早く終了しても21時半。

 その為通常勤務時代は自転車通勤をしていたが、この寒空の中、心臓に持病がある私を心配して妻が勤務先まで送り迎えをしてくれるようになった。シフトの都合で人員が足りない時など朝から夜間の長時間勤務時には、妻は朝早く昼、夜2食分の弁当を作り、毎日私の健康を案じてくれる。

 独立した子供達も夜遅くまで働く私に「頑張って、でも身体にはくれぐれも気をつけて」と励ましのラインをくれ近況を報告。この家族の気配りが私の働く原動力となっている。

 先月の勤務時間は200時間を超えた。現役時代もそれぐらいは働いていたが、机に座り指示命令をしていたので責任感から神経は疲れたが身体はさほど疲れなかった。現在は身体を使って働いているので家に帰宅後は疲れすぐに寝られる環境を作ってくれる妻の優しさが本当に身に沁みる。

(60代・男性)
posted by ファミリー・プロミス at 10:30 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい歯が出るように!

1168718.jpg 「近いうち孫が遊びに来るからうちに来てね」と声をかけておいた近所の子が母親と一緒に遊びに来た。一つ年上の子だったが「下の歯が抜けそうで」と話し始める。どれどれと見ると、前歯を一本ぐらつかせて見せてくれた。うちの孫の方はまだだったが、この際、子どもの頃の体験を話してみようと思った。

 おばさんの子どもの頃は、下の歯が抜けると屋根の上へ、上の歯が抜けると玄関の上がり框の床下へ放り投げ、その時「いい歯が出るように!」というおまじないの言葉を添える様言われていて、やってみて一回で見えなくなったら絶対に、二回目までならそれなりに良い歯があとから出てくると信じていた。女の子が屋根の上まで放り投げるのは大変だったが、たいていはころころと瓦を伝い雨樋に収まるのでとてもうれしかった、と伝えると、いい話を聞いた、今度やってみようね、と母親が促していた。

 三日後、再訪問があった。ちゃんとやって一回でできたと子供から誇らしげに報告があった。よかったね、と言うと嬉しそうな顔を見せる。孫にもそうしようね、と言うと「うん、そんときはぼくもやる」と返してきた。何だか私も嬉しくなって、抜けたらやってみようかという気になっていた。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 10:28 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニチュア家具

 おもちゃ屋で売られている家具のミニチュアセットは可愛くてリアルで、人形ごっこやままごと遊びの時に並べて使ったものです。母が一つ二つと買ってきてくれたものですが、楽しんでいたのは案外母だったかもしれません。おもちゃに恵まれなかった母の時代を思えば、木製で本物そっくりで、カラフルで、しかも家にはなかったモダンな家具はおもちゃといえども夢のように心弾みました。

745384.jpg まだ卓袱台が幅をきかせていた時代に、欧米風のテーブルや椅子のセット。鏡台ではなく、ドレッサー等々。見ていて楽しいものでした。きっと母もそうだったのでしょう。徐々に増えて、箱に一杯詰まったミニチュアセットは、高校時代くらいまであったと思います。まるで母と共有のようなおもちゃでした。

 母は今も小さな可愛い雑貨が大すきです。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 10:25 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート