ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2018年06月25日    ※イラストはイメージです

発散!

kendo1_color.jpg 家に3人も幼児がいると、さっきまでじゃれあって遊んでいたと思ったら、すぐに喧嘩がはじまる。上が女の子で、下が男の子2人。お互いに体も大きくなってきて、叩いたり蹴ったりする力も強くなってきた。ぎゃんぎゃん泣く声も、半端なく大きい。どこか健康的に発散させてもらえる場はないものかと探していたら、とうとう見つけた。

 地域で力を入れている、剣道だ。お試しで数回行ってみたら、思った以上に子供たちが気に入ってしまった。家では「大きな声を出さない、走りまわらない、叩かない」と言っていることを、ルールさえ守ればすべてやらせてもらえるのだから、子供にとったら最高の環境のようだ。

 特に男の子たちは、練習用の竹刀を持って、先生の竹刀を思いっきり叩かせてもらうのが快感らしい。姉は呑み込みがいいのか、まだ数回なのになかなか様になってきた。練習が夜にあるのが難点だが、剣道に行くために早めの夕食とお風呂を済ませて、だらだらとTVを見ている時間も無くなった。練習が終わればすぐに眠ってくれるから、寝かせつけも楽だ。

 これで、家での喧嘩が少なくなれば、最高なのだが…。

(30代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 17:30 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日    ※イラストはイメージです

祖父母の墓

251284.jpg 夫婦別墓が増えそうだという。友人達も夫の墓に入らないと言ってる。こんな世相を祖父母は、墓の中でクスクス笑ってるかもしれない。祖父母は隣同士で墓を並べて仲良く眠っている。

 祖母は一人娘だった。そこへ婿入りした祖父。しかし昭和初期のこと、男子の沽券にかかわると言って、絶対に入籍しなかったらしい。頑迷ではあるが、基本的には楽天家の祖父と、何でも人任せでこちらも超楽天的な祖母は、二人して世間体なんか気にもせず、そのまま籍とは無縁に結婚生活を続けてきた。当然夫婦別姓だったが、特に不便もなく、あっけらかんとしたものだった。だから両親も私も、祖父母の名字が異なる事に何の違和感もなく過ごしていた。

 祖父が先に天国に逝ったが、二人とも平均以上の長寿を全うした。祖父母の別姓を改めて実感したのは、祖父が亡くなった時だ。周囲の者は初めてハタと困った。お墓、どうしようか・・と。

 祖母方には江戸時代から続く代々の墓があった。でも祖父は絶対にそこに入りたがらないだろう、と想像できたから、新たに墓を作り、名前の違う両家の墓が並んだ。

 祖母は墓参時、祖父と自分の祖先の墓の両方にお供えをして手を合わせ「おじいさん、私もいずれ隣に来るからね」と語りかけていた。

 祖父が他界して8年後、祖母は祖父の墓の隣に立つ代々の古い墓に入った。結果的には随分と先進的な祖父母だったということになるのかもしれない。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 15:58 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々な娘との時間

013231.jpg 娘が昨年に続き、上司から会社のゴルフ大会出場の要請を受け、私も娘のゴルフの腕前を見たくてゴルフ練習場に付きあった。暫くぶりにクラブを握ったせいか10回振っても総て空振り。ゴルフ経験のない私も余りの娘の下手さ加減に笑うわけにはいかないが心の中では大爆笑。

 その後も当たってもチョロと空振りの繰り返し、いくら相手の長所を見抜きモチベーションを上げる事が得意な私でも間違っても「ナイスショット」と声を掛けられる当たりは一発もなかった。

 ゴルフは素人の私だが、ボールを見ないで、ただがむしゃらにクラブを振っている様に見えたので、そこの所をアドバイスすると急にボールが当たり始めた。そこからコツが掴めたのかボールが一直線に200ヤード付近まで飛ぶようになり、したり顔の娘に「ナイスショット」と声を掛けた。

 途中用事があった私は、ボールカードを購入し娘に渡し、「このカードで納得いくまで練習して」と言うと娘に笑顔で感謝された。考えて見れば娘が年ごろになってからは、2人だけでどこかに出かける事は久々な事。私も年齢を重ねるごとに大爆笑などする機会もなかったが、久々に心の中だが笑えた。本当に楽しい時間が過ごせた。

 昨年のゴルフ大会では娘の成績は断トツのビリだったようだが、この天然の娘だからこそ参加させたいのだろうなと上司の気持ちもちょっぴり理解した。

(50代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 15:52 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

草取り

787291.jpg 小さな庭だが、温暖化のせいか今年は草の伸びるのが早く、夫婦で草取りをすることになった。しゃがみ込み、手や鎌を使って根から抜く作業を繰り返すが、初め「ケーキ入刀以来の共同作業」と冗談を飛ばしていた夫もその後お喋りがなくなった。ただ黙々、ひたすら黙々と腕と手先を動かす。長袖シャツに手袋、頭には麦わら帽子に顔はタオルで頬かむり、その上首にもタオルを巻いたいで立ちで日焼けを防ぎ、汗がじわりと出てくると水分を補給する。慣れない作業に腰が疲れ、足も疲れて膝をついてしまうことがあるが、スルスルと根から抜ける時の感触を味わえる快感は何とも言えない。

 やがて仕上がる。作業を終えて立ち上がり二人同じ動作で腰に手を当てて身体を反り返す時の充実感はたまらず、思わず顔を見合わせ笑みを交わす。こんなひと時をあと何年味わえるのだろうかと思いもする。手を洗い鎌をきれいにしながら、今日の夕食はとメニューを考えていると「寿司でもとらないか」と夫から声がかかる。それも良いと思いすぐに「そだね、特上でね」と答え、久しぶりの夫唱婦随と言って笑い合う。草取りがくれた和やかなひと時に感謝、であった。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 15:45 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート