ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード

メルマガ登録募集中!   メルマガ登録はこちらから

「家族の絆」メッセージや全国の活動の様子などをメールマガジンにて配信しています。
是非、お気軽にご登録ください。(個人情報はメルマガの配信のみに使用いたします)

2021年01月16日    ※イラストはイメージです

背伸びしてた頃

1080466.jpg 負けず嫌いだった子どもの頃の私。背が飛躍的に伸びる小学高学年になるとすぐ上の兄をつかまえては柱にそって立つよう促した。数日おきになるので何度も「しつこい」と嫌がられた。それでもひるまなかった。

 あるとき、限りなく兄に接近した。嬉しくて柱の傷を親に見るように言った。けれど中学になると兄はグンと背を伸ばし、必要ないと突っぱねるようになった。くやしくて今度は母を相手にやり出した。母なら背が伸びないからという打算などない。とにかく背が一番近かったからである。

 そして小学卒業を迎えると追いついた。気をよくして鉄棒のぶら下がりやかかと揚げなどを繰り返していた。いちずに追いつけ追い越せの道をひた走る私。そういう性格と言われようがかまわない。そして追い越した。

 育ててくれている感謝を思わないではなかったが、ひたすら喜び、父に繰り返し報告していたがやがて忘れた。それから三十年程経ち娘の一人に追い越されたとき当時を思い出した。

 背が伸びない年にもなっているしで特段の感慨はない。むしろ娘の成長を幸せに感じている私がいた。母も同じだったのだろうと思う。いや、騒がしくない分私のほうが恵まれているように思えた。

(60代・女性)
posted by ファミリー・プロミス at 11:03 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日    ※イラストはイメージです

孫の世話あるある

 娘の親友が生後2か月の娘さんを連れて我が家に遊びに来た…「可愛いね」もみじの様な手…些細な仕草…何を見ても可愛い。「早く孫が欲しいな」と私が囁くと娘が「プレッシャー与えないでよ」と言われた。家族の忘年会…息子夫婦、娘の彼も参加…子供の話題が出た所…もし私が孫の世話をしたら?の話題で盛り上がった。

381483.jpg 「川遊びに行ったら子供より爺ちゃんが先に川に流されないか心配」…「カブトムシ捕り行ったら爺ちゃんが木から落ちるか、ハチに刺されないか心配だ」「公園で遊んでも張り切り過ぎて転倒するね」と子供達は自分の体験談から孫の世話あるあるで大盛り上がり…嫁、彼も一緒に笑っていた。

 息子が「お母さん子供を預けても、絶対にお父さんと2人で行かせちゃだめだからね」と言われても…何も言えない私…でも孫が生まれたら溺愛するだろうな…今年はコロナが終息して…孫が生まれても安心な年になります様に…

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日    ※イラストはイメージです

缶詰

1780973.png 父は食通のグルマン。作ることも得意で、やると決めた日は素材から調味料まで徹底的に拘る。長い長い調理が始まる。そんな父だからスーパーへの買い物もきらいではなく、母の買い物にはほとんど付き合って一緒に行動。

 ある日私が、何の料理しようかと思案していた時、父が最近缶詰を買っていたのを思い出した。あれを使わせてもらおうと、缶詰を手にしたとき、何か違和感があった。やけに大きく重いのだ。経験で感じるいつもの缶詰とは異なる不思議な感覚。父は何の缶詰を買ってきたのか、と手を止めて缶詰をよくよく見た瞬間、ギョッとしてキャっと声を上げた。

 大きな猫の顔のイラストがでかでかと描かれていた。ペット用の缶詰ではないか。危うく人間様の料理に使うとこだった。笑いが込み上げて、父に即伝える。ええっ!と、父もびっくりの大笑い。笑いを聞きつけて母も父の部屋にやってきた。母も大笑い。

 スーパーでペット缶詰を目にすると思い出されてくる、父失敗の巻の遠い日の楽しい思い出。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日    ※イラストはイメージです

ごはん3杯お替わりできるものって…?

129434.png 昨日、ちょっと奮発してウナギの蒲焼きを2本買いました。

 うちの双子の男子(6歳)は、ウナギが大好き。夏に食べたときは3回もご飯をお替わりして、しまいにはたれだけをご飯にかけて食べていました。それを思い出して、双子の1人に、「今夜のおかずはあなたが大好きなものだよ。ご飯3杯いけちゃうよ。なんだと思う?」と聞きました。すると「わかった!ゆかり!」と。ゆかりって、ご飯にかけて、しそ味にするのあれです。ふりかけです。

 確かに好きだけど…。脱力して、もう1人に同じことを聞きました。すると、もう1人も、「あー、ゆかりね」と。2人のゆかり愛と、夏以来食べさせないと子供ってこんなにも忘れるのだなあ、と切なくなった出来事でした。

 もちろん、夕食のウナギは、それぞれごはん3杯お替わりしてもりもり食べました。

(40代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 15:12 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日    ※イラストはイメージです

我が家のばら寿司

 母のばら寿司はちょっとユニーク。何しろ具材がいっぱい。高野豆腐、里芋、こんにゃく、人参、椎茸、卵、絹さや・・。それぞれ先に味付けしておくので半日仕事。そして、絶対欠かせないのが金時豆。これが結構甘い。

1320250.png 随分変わった、おいしいお寿司は母独特のものかと思っていたら、いつだったか、徳島でスーパーに入った時、売られてるばら寿司は全部金時豆が入っていて、徳島の郷土寿司みたいなものだと知った。母の故郷は徳島。それでか〜と思ったのだが、母のばら寿司は市販のものと比べて格段に美味しい。同郷の父もこのばら寿司作りはなかなかの腕前。母よりうまいかも。

 私にとってばら寿司は、母の味、かつ父の味、そして我が家の味。手間暇かかるので、母は面倒になったのか、随分前から作らなくなった。父は晩年も時々作っていた。具材は半分に減ったが、父の大好物である金時豆は増えていた。

 かく言う私、父母のおいしい味を引き継ぐことはできそうにない。

(60代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日    ※イラストはイメージです

家族親睦会で思った事

 先週娘の彼が家に泊まりに来た。彼が私達家族と親睦を深めたいと彼からの提案だった。8月にバーベキュ大会を開催し、彼も招待。息子や私とも意気投合…娘と姉の幸せを祈る男に厳しい男軍団も気さくな彼を家族の一員と認めた有意義な一日だった。彼も居心地が良かった様で…彼からの提案で親睦会とは嬉しい…

 前回は泥酔し、よれよれとなった息子と彼だが…今回は若干酒を控え…同業種で働く2人…仕事の話で盛り上がった。この若い2人、近ごろの若者には珍しく仕事に妥協を許さない…その仕事に対する姿勢に私は感心した…

1317492.png あっと言う間の5時間…仕事の話に熱中する余り、妻と嫁は先に寝て、娘は眠い目をこすりながらも話に付き合っていた。人見知りな息子がこれだけ話せる相手。やはり娘は見る目がある。

 このコロナ禍、今の時期に結婚は難しいかも知れないが…5月には息子が結婚して私には新たに娘が出来た。早く娘も彼と結婚して家族が増える事を楽しみに…私も老ける事なく頑張って行こうと思った一日だった。

(60代・男性)


posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日    ※イラストはイメージです

まずは元気で入学を

 散歩帰りに知り合いの親子に出会った。来年学校に上がるという子が「ランドセルを買ってもらった。字も書けるようになった。名前は漢字でも」と滑らかに話しかけてくる。「楽しみね」と応じて家に入ると、娘からの電話で「すぐにタブレットを見て」だった。下の娘からの手紙を孫がはさみをで封を開けていた。

293752.png 鬼滅の刃のシールと手紙が入っていた。早速平仮名の手紙を読み始める。「今度遊びに来たら、かけっこしよう、負けないように練習している」のくだりがあった。孫はこの秋の運動会のリレーで前の走者をみんな抜いた上二位を大きく引き離してバトンパスしたばかりだった。それに刺激されての負けない魂が下の娘にも火がついたらしい。

 それにしても字がよく読めるな、なら書く方はと思ったとたんに、自分の頃はどうだったのだろうと思った。学校へ上がる前の幼稚園では身体を動かすことが多くて、読む方はともかく書く方は名前を平仮名で書ける程度だったように記憶している。学校前の子には関心が集まるが受ける反応は人さまざまだ。励みにしたり記憶を呼び戻したり・・。コロナに負けずまずは元気で入学をと祈りたい。

(60代・女性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日    ※イラストはイメージです

 「今年はお花見できないね」って言ったら「桜は毎年咲くんだよ、この先いくらも見れるじゃないか」と夫。

 「今年は福島三春の滝桜を見に行こう」と誘ってくれていたのに、検診で引っ掛かって手術になるなんて思いもよらないことだった。不運を嘆いたら「悪いところを見つけてもらったのだからラッキーと思えよ」と、夫らしいポジティブ思考に、萎えていた気持ちがちょっと楽になったっけ。
           
1026593.jpg 思ったより早く退院した私を迎えてくれたのは、病院の前から2キロにわたって続く満開の桜並木だった。心の襞にまで浸透してくる桜の優しさ、美しさ。今まで見たどの桜より美しいと、心底思ったあの日。世の中の花という花は、人の心を癒すために咲いてくれるのだろうか。とりわけ桜は上品な色合いといい、華やかな眺めといい、心が前を向く。

 桜のトンネルを夫はややスピードを落して走ってくれる。「いい花見ができたな」と夫。桜に癒され、気持ちが新たになっていくのを感じた。

 今から27年前の忘れられない思い出。

(60代・女性)


posted by ファミリー・プロミス at 17:39 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日    ※イラストはイメージです

結婚記念日の出来事

994558.png 10月25日今日は結婚記念日。私は妻が好きなワインをプレゼントしようと、近所のスーパーでワインを見たが、どれも廉価でプレゼントに適したワインが見つからない。

 そんな時四角い箱に入ったワインを発見、贈答用だと思い購入した。その日は16時から23時までと言う変則勤務。希望休を入れなかった為、妻と結婚記念日を夜祝う事が出来ず、妻に「ワインを楽しんで」と言って仕事に出た。

 仕事から帰り、冷蔵庫を見たらそのワインは何と業務用ワイン。業務用の漂白剤の容器みたいなのに入った蓋が付いた3リットル入りのワイン。あれ…余りの想定外に呆然とする私。

 翌日妻から「ワインは鮮度が命、何も3リットルも同じワイン買ってこなくてもいい」と怒られた。

 この所老眼が酷くなった私。老眼鏡を忘れた為に小さな文字がぼやけ確認せず購入した。「ま、でも美味しかったからいいよ」と妻は呆れながらも喜んでくれた。

 前日は娘がケーキを焼いてくれ結婚記念日を祝ってくれた。相変わらずドジな私だが…こんな私だからこそ妻は私が心配で自然に母親の様な存在になったんだなと思った。私が几帳面で完璧な人間なら妻も息苦しくつまらない夫婦でいたかも…

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 17:33 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月03日    ※イラストはイメージです

私の誕生日と家族の気持ち

9月20日は私の62歳の誕生日。だが当日は23時まで勤務。息子は前日仕事帰り家に寄り「おとん、一日早いけど誕生日おめでとう」と大きな袋を私に差し出した。中身は安眠枕。「良い寝むりで長生きして」と私に言った。その後娘も私にプレゼント。中身は秋用の部屋着。いつもの様にケーキにロウソクをたてる儀式は省略されたが、ケーキに62本のロウソクをたてるのも笑っちゃうしね。

649841.jpgこの年齢になっても子供達に誕生日を覚えていてもらい祝ってもらえる私は幸せ者。翌日誕生日当日。私の弁当には豪華なステーキが。妻なりの誕生祝い。23時過ぎに家に帰ると私のパソコンの上に娘からの手紙が置いてあった。この年齢となっても上司から期待され幹部になれる資格を取る様に進められて、悩む私に家族が持病の事も含め心配している事を綴ってあった。

最後に私たちは面白く愉快なお父さんが好きだよ。大好きと自筆の手紙。いつもつんでれな娘だが私に対する想いが胸に沁みる。持ってうまれた性か上昇志向の強い私と持病を心配して、責任もなく穏やかに仕事をする事を望む家族。

ジレンマな気持ちだが私の事をいつも心配してくれる家族の気持ちが嬉しかった…

(60代・男性)

posted by ファミリー・プロミス at 00:00 | 「ほっ!と一息家族」エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ファミリープロミス    ほっ!と一息家族エピソード All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート